センター概要 outline

琉球大学医学部附属病院全医療者のキャリア形成を支援すること並びに臨床研修・教育における効率的・機動的な運営の実現のため、多面的、総合的な発展に寄与することを目的として、総合臨床研修・教育センターが設置されました。

当センターの主な業務は下記に関することです。

  • 本院の臨床研修と臨床教育などに関連する組織の統括
  • 県内外における臨床研修と臨床教育などに関する情報収集等
  • 本院の臨床研修と臨床教育などの企画立案及び方針案の作成
  • 本院の臨床研修及び臨床教育などの総合窓口との連携
  • 沖縄県及び臨床研修グループとの連携
  • その他研修・教育センター業務
センター長あいさつ greeting
センター長
総合臨床研修・教育センター長大屋 祐輔

様々な背景を持つ患者さんが増加し、検査や治療法も多様化、高度化してきている近年、質の高い医療を安全に提供するためには、全ての医療職が医学知識や技術だけではなく、医療安全・医療倫理などに関する知識や能力を備えることが必要です。
医療人育成機関である大学病院としてはすべての医療人がこれらの知識、技能を習得できる教育プログラムの実施が必須となります。国立大学附属病院長会議は「グランドデザイン2016」において、医療者の教育を体系的かつ組織的に行うための臨床教育管理部門の設置することを提言していますが、当院では2016年にいち早く、臨床研修センターとキャリア支援センターからなる総合臨床研修・教育センターを設置いたしました。

臨床研修センターでは、初期臨床研修医がプライマリ・ケアを行えるようになるだけでなく、長い将来を見据えて、自ら継続的に学ぶ能力を培い、共に歩む仲間を作りながら、様々な状況をも乗り切ることができるように、各診療科と連携しサポートしています。

キャリア形成支援センターでは、幅広いステージで活躍できる医師・多職種医療者の育成を目指して医師および多職種のキャリア支援を行っていきます。中でも専攻医研修では、地域社会および社会に求められる専門医を効率よく育成するのみならず、臨床研究を行うことできる医師を育成し、質の高い地域内完結医療を行うことを目的とし、高度な技術と専門知識を有し、かつ医学教育技術のトレーニングを受けた多くの若手スタッフと共に、プライマリ・ケアを礎に最新かつ高次の医学知識と医療技術の取得を目的とした研修を行えるよう支援します。 2018年に開始された看護師特定行為研修では、行為ができるだけではなく、適切に状況を把握・分析し、必要な行為を実施できる看護師の育成を目指し、各診療科と連携しております。

当センターでは琉球大学医学部附属病院の理念でもある「病める人の立場に立った、質の高い医療を提供するとともに、国際性豊かな医療人を育成する」を実現するために、センタースタッフ一丸となって取り組んでいきます。