RyuMICの目的・特徴
Ryumic01
ryumic01 ryumic01

目 的
purpose

このRyuMICプログラム(琉大病院)においては、社会に貢献する医師を養成すべく、琉球大学医学部附属病院と地域における第一線の病院及び保健所・診療所等との連携を綿密に図り、相互に個々の病院の個性や特徴を生かしつつ、「医師として必要な基本的臨床能力(プライマリ・ケア)を身につけ、全人的で科学的根拠に基づいた医療を実践していく」ことを目的とする。

教育に通じた熱意のある指導医のもと、日常診療で頻繁に遭遇する疾患についての基本的臨床能力(知識、技能、態度)の修得とともに、医師としての人格を涵養し、時代の要請や社会のニーズに応えられる医師の養成を目指す。また、科学的根拠に基づいた医療を学ぶことにより、専門臨床研修(後期研修)へのステップとする。

特 徴
characteristics

  • 琉球大学医学部附属病院(三次医療機関)と地域の中核を担う臨床研修病院(二次医療機関)及び診療所(一次医療機関)や地域医療・保健を推進している保健所及び診療所・施設等との綿密な連携
  • すべての研修医が一次医療機関から三次医療機関での医療を体験(プライマリ・ケアから専門医療まで)
  • 多くの研修協力病院及び研修協力施設による多様な研修
  • 公平かつ一貫した質の高い臨床研修
  • 様々な基本的診療能力(プライマリ・ケア)の効率的で総合的な臨床研修
  • 二次医療機関での研修を加え、救急疾患や common diseases への対応を強化
  • On the job training (OJT) の実践研修
  • 充実した地域医療プログラム:離島診療所や家庭医学 (family medicine) を実践する医療・保健施設での研修が可能
  • 地域での研修中も専門家が集う大学病院へのコンサルトが可能
  • 研修医の希望に沿って、ローテーションプログラムコースを選択することが可能
  • 将来の進路に合わせた柔軟なプログラム・コースの選択が可能
  • 診療科にとらわれない共通研修カリキュラムの設置
  • 教育経験豊富な、充実した教育スタッフ
  • 教官、指導医、及び若手医師の屋根瓦方式による教育指導体制
  • チューター制度及びメンタルヘルスサポーター設置による研修医の支援と相談体制の充実
  • 設備の充実した研修医室
© Hospital University of the Ryukyus.
btn