スタッフ
Staff
staff staff
  • 垣花 学 (センター長)
    専門領域麻酔科

    初期臨床研修制度のスタートからしばらくして当時のRyuMIC初期臨床研修センターのスタッフのひとりとして関わってきました。2009年からその職を離れましたが、縁があり2014年から再びこの仕事に関わることになりました。初期臨床研修制度も開始から10年が経過し、この制度の評価が行われているところです。RyuMICの初期臨床研修プログラムはその多様性が売りとなっており、初期研修医の皆さんも満足いく研修を行っていると思います。これからは、さらなる10年先を見据えた研修制度、プログラムの変化に対応していきたいと思います。

  • 原永 修作(臨床研修センター専任医、医科部門長)
    専門領域呼吸器、感染症

    平成29年10月1日より総合臨床研修・教育センターの専属となりました。それまでは第一内科で呼吸器や感染症の診療、教育に携わりつつ、研修医のローテーション調整にも長くかかわっておりました。今後も、個々の将来のキャリア形成を見据えた研修ローテーション作成をサポートし、ケースカンファレンスやレクチャーをより充実させ、実りある研修生活の実現に力を入れたいと思います。普段は研修医室のそばに部屋を構え、ドアをオープンにしております。お気軽に声をかけてください。

  • 浜田 和弥
    専門領域小児科

    私自身もRyuMICプログラムで,琉球大学病院,ハートライフ病院,那覇市立病院等での研修を経て,臨床医のスタートを切りました。大学病院から市中病院まで多様で自由度の高いプログラムの中,皆さんの研修がより有意義なものになるよう,サポート致します。レクチャーの他、専門領域の話なども気軽にご相談ください。

  • 武村 克哉
    専門領域循環器、医学教育

    地域・国際医療部の武村です。研修がスムーズに進むよう私たち臨床研修センタースタッフがサポートします。
    皆さんの成長を心から願っています。

  • 奥村 耕一郎
    専門領域循環器内科、医療安全

    医師のスタートラインである初期研修は、医師キャリアの基礎作りとなる大切な期間です。琉球大学病院の初期研修プログラムは多くの方々のご協力を得て、柔軟に対応できるよう努力しています。皆さんが良い研修ができるようお手伝いしたいと思っています。どうかよろしくお願いいたします。

  • 大内 元
    専門領域救急、内科、医学教育

    救急は卒後臨床研修の必須科であり、ER型救急の充実した研修に努めています。BLSコース、ACLSコース等でも皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

  • 金城 忠嗣
    専門領域産科・周産期
  • 兼次 拓也
    専門領域小児一般

    小児科 兼次です。当院小児科に入局し、10数年が経過しました。毎日患者様を通して様々な事を教わっています。日々いろいろな局面に遭遇し、大変な事も多々ありますが、いつも思う事は、他科も含め、さまざまな方々にサポートしてもらっているという事です。このようなすばらしい職場で、みなさんのキャリアを作り始めてみませんか。皆さんの少しのお役にでも立てれば、と考えています。

  • 森島 聡子
    専門領域第二内科

    令和2年度より臨床研修センタースタッフとして皆さんの研修をサポートさせていただくことになりました。
    琉球大学病院での研修は、医師としての基本的な知識や技術を学びながら、専門性の高い領域についても学ぶことができます。
    初期研修は医師としての基盤を形成する大事な期間ですので、充実した研修ができるようにお手伝いします。

  • 當間 裕一郎
    専門領域第三内科

    これから医師として社会人として第一歩を踏み出すと思いますが、最初はわからないことだらけだと思います。
    周りの上級医の先生も最初は皆さんと同じ何もわからない研修医だったはずです。患者さんのことを第一に考えてどんどん聞いてください。きっと熱く教えてくれるはずです。
    これから2年間よろしくお願いします。

  • 野村 寛徳
    専門領域第一外科
  • 喜瀬 勇也
    専門領域第二外科
  • 高江洲 義和
    専門領域精神科神経科
  • 東 千夏
    専門領域整形外科・関節リウマチ、膝、足関節・足部

    整形外科は臨床研修プログラムでは必修の科ではないため、なかなか初期研修医の先生方と接する機会がないのですが、臨床研修センターの仕事に関わるようになりとても思うことがあります。ミーティングの際スタッフの先生方は、どうしたらいい研修ができるか、どうしたら良い環境を提供できるか、いかに初期研修医の先生方の希望を最大限通してあげられるかということをいつも話し合っています。このような環境で初期研修ができるということはとても幸せなことなのではないかと思います。私も微力ながら、皆さんの貴重な2年間が良い研修になるようお手伝いできればと思っております。整形外科でも一緒にお仕事しましょう!

  • 菅原 健一
    専門領域脳神経外科

    脳神経外科の菅原です。初期臨床研修プログラム(RyuMIC)を通じ、知識や技術の習得もさることながら、医師としての心構えをぜひ学んでいただければと思います。皆さんが有意義な研修を行えるようサポート致します。

  • 宮城 拓也
    専門領域皮膚科

     RyuMICは非常に選択肢の幅が広いプログラムなので、自分の希望の進路に応じて、学ぶことができます。
    市中病院でcommon diseaseや急性疾患を経験しながら、特殊で稀な疾患を大学でじっくり学ぶことも可能です。
    私もRyuMICで琉球大学病院に加えて中頭病院・ちばなクリニック、豊見城中央病院で研修しました。
    RyuMICの研修中に得た知識と経験、医師としての考え方・学び方で、現在専門としている膠原病やリンパ腫の患者さんの治療と合併症に対処しているので、RyuMICが私の臨床医のバックボーンといえます。 
     RyuMIC時代にお世話になった指導医の先生方から得たものを、これからRyuMICに参加する皆さんに繋げることができるよう頑張りたいと思います。

  • 本永 久美子
    専門領域看護部

     看護部、教育担当副看護部長の本永です。看護師の立場からも皆さんが良い研修ができるよう支援したいと思っています。
    どうかよろしくお願いいたします。

© Hospital University of the Ryukyus.
btn